アダラートとは、ニフェジピンと呼ばれる物質を主成分としたカルシウム拮抗薬です。カルシウム拮抗薬は血圧を下げるメカニズムを持っています。詳しい情報をサイト内に記載しており、無料で読むことができます。ぜひご覧ください。

たくさんの薬

アダラートの主成分はニフェジピンと呼ばれる物質で、カルシウム拮抗薬です。
カルシウム拮抗薬は、高血圧の治療薬として古くから用いられている薬で、最も多くの高血圧患者さんに使われています。
現在、高血圧と診断されて降圧剤による治療を行う際の、第一選択薬の1つとなっています。
どんなタイプの高血圧にも効くということが、多くの患者さんに使われている理由の1つでしょう。
特に問題となる重篤な副作用もなく、信頼度が高い降圧薬と言える為、今では個人輸入代行サービスを使用して、降圧薬であるアダラートやコバシルを安く買う事が可能となっています。
では、カルシウム拮抗薬はどのようなメカニズムで血圧を下げるのでしょうか。

簡単に言うと、血管を広げることによって血圧を下げています。
血管の内側は平滑筋と呼ばれる筋肉です。
この筋肉の細胞は、カルシウムイオンの存在によって収縮したり広がったりします。
この細胞には、カルシウムイオンの入り口(カルシウムイオンチャンネルと呼ばれます)があり、これが開閉することによって収縮・拡張します。
カルシウムイオンが細胞の中に入る時に収縮するので、カルシウムイオンが細胞の中に入らないようにすれば、収縮せずに、血管が開きます。
アダラートなどのカルシウム拮抗薬は、カルシウムイオンチャンネルにカルシウムイオンが入りにくくすることで、平滑筋の収縮を抑えています。
血圧を説明するのに、血圧=(心拍出量)×(末梢血管抵抗)という式がよく使われます。
心拍出量は1回拍出量×心拍数です。

末梢血管抵抗は、血管壁の面積や、血液の粘性度、血管壁の弾力性などが影響します。
血管を広げることで血液が流れやすくなり、血管の収縮を抑えることで末梢血管抵抗が低下します。
よって、血圧も低くなるのです。
尚、アダラート服用中はグレープフルーツやそのジュースの飲食はできません。
グレープフルーツに含まれるフラノマリンという成分が、薬を代謝する酵素を壊してしまい、血圧が下がりすぎる可能性があります。

記事一覧
血圧を測定している医者

アダラートは高血圧の人のための血圧降下剤の一種であり、高血圧というのは上が140mmHg、下が90m...

アーカイブ
サイト内検索
最近の投稿